工場 アルバイト 雇用形態

工場における製造職の雇用形態について

女性画像

求人サイトで気になる工場系・製造アルバイトのお仕事を見つけたら、その雇用形態について十分理解しておきましょう。採用されてから「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔する人も多いようです。

 

ここでは、アルバイトのよくある雇用形態についてまとめています。

 

アルバイト・パート

正社員と比較したら、1ヶ月間の勤務日数、あるいは1週間あたりの労働時間が少なく、職責も軽いです。長期雇用の場合もありますが、基本的には臨時雇用という扱い。ファクトリー系では雇用期間を決めたうえで契約を結ぶことが多いようです。

 

正社員

正規雇用のために雇用期間を決めずに契約します。定年までの終身雇用が原則といわれてきましたが、現在では業績の悪化でリストラされることも少なくありません。一般的には社員と呼ばれています。

 

契約社員

雇用期間を半年、1年と定めて勤務する形態。契約の更新もできますが、原則的には最長で3年契約です。

 

派遣社員

登録した派遣会社から派遣先企業にて就労するという形態。あくまで派遣会社と雇用契約を結び、待遇や勤務時間などは派遣先企業に従います。

 

紹介制

人材紹介会社に登録後、自分の希望勤務先、あるいは希望職種を伝え、条件にあった会社の紹介を受けるという形態。この場合、勤務先の企業と雇用契約を結ぶことになります。

 

業務委託

就労先の企業とは、いわゆる「独立事業主」として契約を結ぶ形態です。この場合、就労先の労働者として扱われず、「事業主」として扱われることになります。よって社会保険関連は事業主としての適用となります。また就労先の労働基準法は適用されません。

 

紹介予定派遣

最近に増えてきている新しい派遣の形態です。派遣先の企業への入社を前提とした予定派遣。派遣期間終了時に、派遣先企業との同意が得られれば、正式に雇用契約を締結します。

 

派遣会社を選ぶときの注意点!

人材派遣会社を利用する場合、登録したからといってすぐに派遣先がみつかるとは限りません。希望の仕事に即、就けるとは限らないため、複数の派遣会社に登録しておいたほうがいいでしょう。

 

複数のサービスに登録しあ場合、同時期にお仕事を紹介されるケースもあるでしょう。当然、一方の会社を断らなければいけません。一度断った派遣会社は以後、紹介されにくいことがあるようです。

 

派遣先から途中で解約されることも稀にあるようですが、その場合、保護規定がもうけられています。派遣先に事業所に最低でも30日分の損害補償責任が発生します。このことは覚えておいて損はありません。